雪国用のタイヤ|車のグレードアップ|ホイールで変わる車の見た目と機能
車

車のグレードアップ|ホイールで変わる車の見た目と機能

雪国用のタイヤ

車

タイヤというのは、使用する場所によって種類や形も色々と変わります。例えば、F1で使用しているタイヤは従来の車のようなタイヤと違い、凹凸が一切ありません。その代わり粘着力が強く、粘着力でグリップ力を高めて車を走らせています。これをスリックタイヤといい、F1仕様のタイヤとなっています。なお、スリックタイヤは公道で走らせることはできません。
一般的に使われているタイヤとしては、雪国などの積雪地帯で使われるスタッドレスタイヤが有名です。スタッドレスタイヤとは、積雪によるスリップに特化したタイヤであり、スリップの可能性を極力下げているタイヤです。スタッドレスタイヤは、まずゴムの性質からして違います。従来のゴムに比べて弾性を失わず、しなやかさを保つことが出来るため、タイヤが固くなることによる安定性の欠如を防ぐことができます。また、水を取り込んで膜を作り、スリップを起こしてしまうハイドロプレーニング現象を防ぐために水膜を除去する機構もついているのでスタッドレスタイヤを使用するのと使用しないのとでは、積雪地帯での安定性が大きく違います。
スタッドレスタイヤと一言でいっても、全てのスタッドレスタイヤが同じメーカーというわけではありません。スタッドレスタイヤは多くのメーカーが開発しており、メーカーごとによって特徴が異なります。よって、タイヤ交換を行うときは業者の人と相談し、どこが良いのかということを教えてもらうと良いかもしれません。